低体温とは

現代人、特に女性に増えていると言われる「低体温」とはどんな物事なのでしょうか?「低体温」についてわかりやすく簡単にまとめます。

 

一般的な平熱以下は「低体温」

 

低体温とは、平熱が一般的な平熱を下回っている状態を指します。一般的な平熱とは36度で、35度以下は低体温に属します。

 

人間の体はよくできていて、もっとも新陳代謝が活発で免疫力が高い状態をキープできる体温=平熱=36度だそうです。

 

言わば、ベストな体温が36度ということ。それを下回るということは、当然、ベストではなくなります。

 

なお、低体温症とは雪山で遭難した時に意識が朦朧とするなどの症状を指し、低体温と低体温症はまったく同じ物ではなく、低体温症のほうが重傷だと考えられています。

 

低体温の原因

 

低体温を引き起こす原因は複数あります。

 

  • ミネラル・ビタミン不足。
  • 冷たい物、甘い物、体を冷やすと言われている食べ物をよく食べている。
  • 常にダイエットをしている。
  • 冷暖房が整った環境があたりまえになっている。
  • 運動不足に陥っている。
  • 常にストレスにさらされている。

 

食生活や生活習慣の乱れが低体温を引き起こすということです。

 

低体温の症状

 

では、低体温がどんな症状を引き起こすのかというと、血行不良、免疫力低下、疲れやすくなる、疲れが取れにくくなる、風邪などにかかりやすくなる、アレルギー症状が出やすくなるなどなど、良い症状は何ひとつありません。肩凝りが酷くなる、太りやすくなる、妊娠しにくいなども低体温の症状です。

 

また、低体温になると冷え症になりやすく、冷え症になると低体温になりやすいことがわかっています。

 

冷え症は手足など末端で起こる症状、低体温は体の内部で起こる症状という違いがあるものの、血行が悪くなるという共通点があります。