低体温による現れる症状

平熱が低いだけだと低体温をあなどっていませんか?低体温によって現れる症状はあなどれないものばかりです。

 

病気をしやすく治りにくい

 

低体温の人はそうでない人にくらべて風邪をひきやすいと言われています。通常、風邪など何らかのウイルスに感染した場合は体温を上げることでウイルスを死滅させます。発熱は体を守る機能の一環なのです。

 

しかし、普通の状態から上げるならまだしも低い状態から上げることは容易なようで容易ではなく、風邪が治りにくくひきやすいという悪循環を生みます。

 

36度というもっとも新陳代謝が活発で免疫力が高い温度を下回っているのですから、風邪に限らずさまざまな病気に感染しやすく治りにくいとも言えます。同様に、アレルギー症状が出やすく、かつ、改善しにくくなります。

 

冷えによる症状が重くなる

 

低体温と冷え症は厳密には同じ物ではないとはいえ、冷えるという点は同じです。ゆえに、生理不順、生理痛、腰痛、肩凝りといった冷えが原因の症状が低体温でも冷え症でも見受けられます。更年期障害が早くに出る、更年期障害の症状が重い。これも低体温で見受けられる症状のひとつです。

 

老若男女問わず低体温には注意していただきたいですが、生理不順・生理痛・更年期障害といった女性特有の症状の重篤化が懸念されるため、特に女性には注意してほしいですね。

 

美容面でもマイナス

 

低体温は美容面でも良いことがありません。低体温ですと、代謝が良くないため、太りやすくなります。それでいて痩せにくく、つまりはダイエットが成功しにくく、しかも、ダイエットをすることでビタミン・ミネラルのバランスが崩れて低体温が悪化します。

 

代謝が良くないということは肌にも良くありません。人間の皮膚細胞は生まれ変わりを繰り返して古い皮膚細胞が新しい皮膚細胞と入れ替わり続けています。その入れ替わりが上手くいかなくなるため、肌がくすんで透明感が失われます。良くないことには陥りやすく、その上、改善しにくいのです。